フォションホテル京都フォションホテル京都

Stories

Premium X

Go To 日本のプレミアムなホテル

2022.3.29

フォションホテル京都 京都でパリ気分を味わうグルメホテル


世界が恋する街、京都。古都の歴史と日本の美しい風情が、旅してみたいと思わせる場所だ。京都と同じく、多くの人を魅了するパリから、フォションホテルがやってきたのは2021年3月のこと。1周年を迎えたフォションホテル京都を紹介しよう。

 

 

美食ブランド「フォション」が創造する、グルメホテル

 

フォションといえば、1886年の創業以来、パリ・マドレーヌ広場から美食の数々をプロデュースする世界的ブランド。2018年、創業地のマドレーヌ広場に面した場所に「フォション オテル パリ」を開業し、世界中の耳目を集めたのは記憶に新しい。しかし、その驚きが冷めやらぬ2021年3月、京都・河原町五条に近いこの地に「フォション ホテル 京都」が誕生した。

 

クラシックな雰囲気と、ポップなパリのエスプリを感じさせるホテルのコンセプトは「GLAM(グラム)」という、フォションに脈々と流れるDNAから。G=Gourmet(グルメ)、L=Lively  Location(景色)、A=Artisans &Attentions(アートワーク)、M=Mesdames(洗練された女性)、この4つのコンセプトがこのホテルのホスピタリティの基礎となっている。アートあふれるこのホテルは、古都の雰囲気にひたりつつ、美食を心ゆくまで楽しむ、エピキュリアンのためのホテルなのだ。

 



グルメホテルを彩るサロン ド テとレストラン

 

開業すぐ、話題をさらったのは「サロン ド テ フォション」のアフタヌーンティーだ。フォション特製のセイボリーとスイーツ、紅茶をいただきながら過ごす時間は格別だ。まるで個人の邸宅のようなシックなインテリアと、華やかな雰囲気が共存。親しい友人とゆっくり語らいたい時、何度でも再訪したくなる空間である。

春のアフタヌーンティー 春のアフタヌーンティー

開業後すぐ話題となったアフタヌーンティー。華やかさと心地よさ、まるで友人の家に招かれたようなくつろぎのひととき。予約が殺到しているので早めの予約を。



サロンドテのエントランス サロンドテのエントランス

サロンドテは、パリと京都、ふたつの古都の文化が融合する空間。その華やかさにテンションが上がる。



「レストラン グラン カフェ フォション」は、昼と夜で異なる顔を見せる。昼は東山の稜線をのぞみ、夜は店内のインテリアがライトに浮かび上がる、リュクスなレストランだ。フォションの伝統を重んじつつ、京都・日本で育まれた食材を出来るかぎり自然に、良さを活かし、丁寧にアレンジしたフレンチが自慢。ディナータイムなら、オリジナルのシャンパン「フォション ブリュット」も合わせて試してみてほしい。ドレスアップしてその雰囲気に溶け込んでみたいレストランである。



「レストラン グラン カフェ フォション」 「レストラン グラン カフェ フォション」

昼間は東山の美しい稜線を眺めながらランチを楽しめる「レストラン グラン カフェ フォション」。夜のきらびやかな雰囲気も素敵。


「フォションシグネチャー クリビヤックブール ブランソース」は、サーモンやホウレンソウ、キノコソテー、ボイルドエッグなどを包んで焼き上げたサクサクのパイ包み。フォションパリでも1980年代より続くロングセラーメニュー。



「フォションティー香る春野菜のボヌールカレクレソンと山葵のヴィネグレット 」。日本の四季とフォションのエスプリが一皿に。春限定メニュー



気分はパリジェンヌ。ゴージャスなアパルトマンのような客室

 

客室もまた、フォションの世界観が存分に表現されている。フォションピンクをアクセントに、ソファや壁紙などにホワイト、ブラック、ゴールドの4色をセンス良く配置。西陣織のファブリックやオリジナルのフォトアートなど、エッジの効いたインテリアはまるでパリのアパルトマンを思い起こさせる。

 

すべての客室に備えられたシャンパンピンクのクローゼット「グルメバー」は、フォションホテルのために特別にデザイン・製作されたもので、フォションならではのおもてなしが詰まっているもの。扉を開けば、クッキーやチョコレートなど、フォションのスイーツがずらり。このスイーツすべて、宿泊中に自由に楽しんでいいというのだからうれしい驚きだ。

 


スイートルーム スイートルーム

ムーディーなライティングが美しいスイートルーム。(シャンパンや装花などはイメージ)

 



デラックスルーム デラックスルーム

フェミニンな雰囲気あふれるデラックスルーム。



グルメバーの中のスイーツは自由に楽しんで。残ったスイーツはお持ち帰りも可能。 グルメバーの中のスイーツは自由に楽しんで。残ったスイーツはお持ち帰りも可能。

グルメバーの中のスイーツは自由に楽しんで。残ったスイーツはお持ち帰りも可能。(ワインやシャンパンなどは有料)。



世界にここだけ。フォションオリジナルのスパ体験

 

フォションホテル京都の特筆すべきものとして、世界初出店となる「ル スパ フォション」がある。パリと京都の美意識の粋が集められたスパは、すでに高評価を得ており、宿泊の際はまずスパの予約をしてからというゲストもいるほど。一番人気の施術は「シグネチャーボディトリートメント」だ。パリのスパブランドKOS PARISと共同開発したオリジナルオイル「フォション シグネチャー ビューティー オイル」を使用したボディトリートメントは、指圧など東洋のテクニックとマッサージが融合したもの。旅の疲れをほぐし、心まで和らぐホスピタリティにくつろぐ。


スパ スパ

フォションの世界観で統一されたトリートメントルーム。宿泊客には、予約時間にエステティシャンがお部屋までお迎えに。その日の施術についてじっくり相談することもできる。ボディやフェイシャルなど、お好みで贅沢なスパ体験を。宿泊が決まったら早めに予約したい。


京都の街に自然と融合しながら、まるでパリにいるようなデジャヴュを想起させる「フォションホテル京都」。できれば2泊して、1日は観光に、もう1日はスパと、客室でスイーツ三昧しながら女性同士でおしゃべりも楽しそう。ホテルの中に散りばめられたときめきを、次回の京都への旅には、ぜひ体験してみてほしい。

 

 

フォションホテル京都
京都府京都市下京区難波町406
TEL:075-751-7711

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Stories

Premium X

Go To 日本のプレミアムなホテル

Premium X

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。