本城直季 small planetシリーズ本城直季 small planetシリーズ

Events

【開催中~5/15(日) 東京・東京都写真美術館】

2022.4.12

「本城直季  (un)real utopia」

《Tokyo, Japan》2005(small planetシリーズより)  © Naoki Honjo

東京都写真美術館で、写真家・本城直季の初の大規模個展「本城直季  (un)real utopia」が開催中だ。

本城直季 small planetシリーズ 本城直季 small planetシリーズ

《Tokyo, Japan》2002(small planetシリーズより)  © Naoki Honjo

本城直季といえば、大判カメラのアオリを利用して、都市の姿をジオラマのように撮影する独特の表現で知られる。生まれ育ったまちや世界に作りもののような違和感を覚え、この世界を知りたい、 俯瞰したいという思いを原動力に制作した作品は、まるでミニチュアの世界のようで、見る者にこの世界の実在と虚構を問いかけると同時に、被写体である「まち」や「ひと」に対する 作家のあたたかいまなざしを感じさせる。


本城直季 「kenya」シリーズ 本城直季 「kenya」シリーズ

《giraffe》2008(kenyaシリーズより) © Naoki Honjo

本城直季 industryシリーズ 本城直季 industryシリーズ

《steel mill, Kanagawa》2014(industryシリーズより) © Naoki Honjo

本展では、2007年に木村伊兵衛写真賞を受賞した「small planet」シリーズや、独自の表現を生み出すまでの試行期の作品など、約200点の作品を紹介。

 

アフリカのサバンナを切り取った「kenya」シリーズ、東日本大震災発生から3カ月後の東北を写した「tohoku 311」シリーズ、地上からは全容が窺いしれない工業地帯を空から覗いた 「industry」シリーズを初めて公開する。

本城直季 国立競技場 本城直季 国立競技場

《Tokyo, Japan》2021 © Naoki Honjo

さらに、本展のための特別な撮り下ろし作品も展示。オリンピックイヤーの東京の姿を2回にわたり撮影した作品は、私たちの現在地を象徴する日本のポートレートとも言える。

 

写真に写る“まち”は本当に存在しているのか、それとも作り物なのか、そこから見えてくる“まち”の姿とは……? なんとも不思議な感覚に陥る“本城直季ワールド”を、この機会に体感してみては。

 

◆本城直季  (un)real utopia 
【会期】開催中~2022年5月15日(日
会場】東京都写真美術館 地下1階展示室
開館時間】10:00~18:00(木・金は20:00まで)
※入館は閉館時間30分前まで
休館日】毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、ただし5月2日(月)は開館
入場料】一般1100円、学生900円、中高生・65歳以上550円
※オンラインによる日時指定予約を推奨。

 

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Events

2022.9.30

特別展「京(みやこ)に生きる文化 茶の湯」

Events

2022.9.29

「市制90周年記念展 わたしたちの絵 時代の自画像」「現代日本画 コレクションのあゆみ…

Events

2022.9.28

秋季特別展「博覧 -近代京都の集め見せる力-」

Events

2022.9.20

「宮城壮太郎展 使えるもの、美しいもの」

Events

2022.9.15

企画展「樋口一葉 生誕150年 我が筆とるはまことなり―もっと知りたい樋口一葉」

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。